「まぜるな危険!」は何が危険なのか?

「まぜるな危険!」は何が危険なのか?

洗剤のパッケージに黄色と赤色の大きな字で、「まぜるな危険」と表記されているものがあります。

たとえば、塩素系の漂白剤やお風呂のカビ取り剤、あるいはトイレ用の塩素系洗浄剤や賛成洗浄剤に書かれています。これだけ大げさに書かれているからには本当に危険なのでしょうが、ではいったい何が危険なのでしょうか。

塩素系と書かれた製品には次亜塩素酸ナトリウムが用いられていること、さらに、この次亜塩素酸ナトリウムはPHの変化によって姿を変えます。実は、「まぜるな危険」と、この次亜塩素酸ナトリウムがPH変化によって姿を変えることは、密接に関わっているのです。

通常、塩素系漂白剤などに用いられている次亜塩素酸ナトリウムはアルカリ性です。アルカリ性の水溶液中では次亜塩素酸イオンという状態で存在します。漂白や洗浄目的で次亜塩素酸ナトリウムを用いる場合は、この状態がもっとも適しています。これに少し酸を足して中性付近にすると、次亜塩素酸という状態になり、もっとも殺菌効果を発揮しやすくなります。

「塩素系洗浄剤」+「酸性洗浄剤」

さらに酸を足して、酸性にまで変化させるとどうなるでしょうか。

次亜塩素酸が酸と反応して、塩素に変化するのです。塩素は非常に毒性の強い物質です。塩素系の漂白剤や洗浄剤に酸性の洗浄剤をまぜると、この危険な塩素ガスが発生してしまうのです。

このことを知らずに、トイレ用の塩素系洗浄剤と酸性洗浄剤をまぜ、発生した塩素ガスを吸って死者が出る、という事件が実際に起こってしまいました。この事件がきっかけで現在では、市販製品のパッケージの表示方法が定められた「家庭用品品質表示方法」で、まぜると塩素ガスが発生する可能性のある塩素系や酸性の洗剤には「まぜるな危険」の表記が義務づけられています。

まぜると危険なもの、また効果が落ちてしまうものはほかにもあります。専門家の指示なく洗剤、殺菌剤どうしをまぜて使用することは絶対にやめて下さい。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*