富士山世界遺産登録と環境問題

fujiyama

富士山が世界遺産に登録されて早数年が経ちます。

登録後に外国人の方が増えました。

富士山の美しさは世界でも認められてます。

季節や時間によって富士山は違って見えるので、いつ見ても美しいです。そんな美しい富士山ですが、問題視されてるのがゴミ問題です。TVでたまに放送されますが、富士山付近の樹海ではゴミを置いてく方が後を絶ちません。

家庭ゴミや会社のゴミ、大きいゴミだと自転車やタイヤがたくさん置いてありました。

何故、置いてく人がいるのでしょうか?

捨てやすい場所だと思ってるのでしょうか?

樹海は人目に付きにくい場所であると思いますが、日本の象徴の富士山に捨ててくのは嫌です。中々世界遺産に認定されなかった原因がゴミ問題と聞いてたので、どの位酷いのかTVで見るまでは分からなかったです。

海外の方は、この問題をどう捉えてるのでしょうか?

気になります。けど、ボランティアでゴミを片付けてる方がいるのを知ってから少し安心しました。量は減ったのか分かりませんが、定期的に片付けてるみたいです。100人以上の方が富士山を綺麗にしたい!と手分けしてゴミを集め、集められた量は1リットルの袋何十個分と聞いて驚きました。どれだけ捨ててく人がいるのでしょう。

これを見てゴミが減ってけば嬉しいですが、まだまだ先のように思えます。

頑張ってる人を笑うように捨ててる方は何を考えてるのでしょうか?

同じ人間として悲しいです。

けど、最近はそんなにゴミ問題も聞かなくなったので、もしかしたらゴミが減ったので世界遺産登録に繋がったのかなと思います。富士山に限らず、どこの山でもゴミを捨てる方は後を絶ちません。人間が自然破壊をしてるのは悲しいです。

ゴミ問題は尽きないですが、それを防ぐことを一人一人意識してくれれば、自然環境に繋がります。

綺麗な富士山がこれからも見れるようにゴミ問題がこれからも減りますようにこれからもゴミを意識しての減らしていきます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*