環境対策のために太陽光パネルを設置しよう

環境対策のために太陽光パネルを設置しよう

環境問題は、今や世界規模で大きな問題となっています。

その中で日本は先進国であり、環境問題改善に世界に先駆けて積極的に行わなければなりません。2011年の東日本大震災で、福島県の福島原発事故で電気という物について、考え方を大きく変えられました。あれ程危険な物に電気を頼っていたのかと感じた人は、日本中に大勢いらっしゃるでしょう。

その為に、なるべく自然エネルギーで賄うことが出来れば、原発に頼らずとも、電力不足を解消できるのではないかと考えています。
原発は、自然を破壊し、その場所に住めなくなってしまう方も大勢出てきてしまったので、それを防ぐ為に、自然エネルギーをどんどん発展させていかなければなりません。

私が考えるのは、各家庭に太陽光パネル設置を義務化することです。もちろん安い買い物ではないので、なかなか難しいのは分かります。

しかし、各家庭太陽光パネルの設置を義務化することにより、原発に頼らずとも、日本の電力は、大抵は賄えます。企業や病院などにも設置を義務化すれば、相当な電力が賄えます。

余った電力は、電力会社に売ることが出来ますので、金銭的にも、太陽光パネルを設置したとしても、いずれ元が取れます。日本が先駆けて義務化することにより、世界も影響を受けて、世界中で太陽光パネル設置が義務化され、原発がない世の中が生まれるかもしれません。

日本は、第二次世界大戦の際、原子力爆弾を受けた世界唯一の被爆国です。

戦争はしないという素晴らしい法律があるのに、原子力爆弾と同じような物が、日本中にあるのはいけないことであり、第二次世界大戦での被爆者及びその家族は、悲しい思いをしてしまいます。

環境の為に、太陽光パネルの設置を義務化すれば、世界から尊敬されて、日本もさらに発展していくことでしょう。どうしても太陽光パネルの設置が難しいというご家庭もあるでしょう。

それならば、電力自由化が叫ばれているこのご時世ですから、原発に関わっていない業者から電力を買うのはいかがでしょうか。

そういった業者を選ぶことで、脱原発という選択ができます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*